いやん!おしりニキビ撃退マニュアル

お薬を塗るのは効果がある?

ここで言うお薬というのは、いわゆるサプリメントではなく市販されている薬と皮膚科で処方される薬ということになります。
このような薬は、おしりニキビの状態によっても使い分けが必要であり、抗生物質から抗炎症剤、女性ホルモンにはたらきかけるものと幅広くあるのです。
抗生物質といえば、いわゆるあらゆるものに効果のある万能薬ということになります。
風邪などの症状から性感染症、目にできるものもらいまで多種多様。自宅で常に常備している人も多いかと思われます。抗生物質はこのようにあらゆる効果が期待できますが、もちろんおしりニキビの症状も緩和してくれます。市販薬というと、自己判断で飲む飲まないを決めるというものです。もし、それが怖かったり難しいというような場合は、皮膚科に行っておしりの状態を見てもらってから薬を処方して貰うと安心です。
最近は、効果は同じでも薬価そのものが安いというジェネリック医薬品があります。もちろん、抗生物質でもありますから、そのような処方をして貰いたいという場合も保険負担で安くなる上に更にジェネリックでお得なんですから使わない手はないということが言えます。
抗生物質に焦点を当ててしまいましたが、その他にも過剰な皮脂の分泌を和らげる効果のある性ホルモンに関係するお薬もあります。